ドビュッシー:練習曲

ドビュッシー

Add: husipule57 - Date: 2020-11-29 18:57:39 - Views: 5847 - Clicks: 9166

映像 第2集 4. (ドビュッシー)/ 12の練習曲 Deuxieme livre 101-組み合わされたアルペッジョのための /(ミシェル・ベロフ)4:13. ハイドンを讃えて 9. 第1曲『塔(パゴダ)』 4. 【曲目】 ドビュッシー: 12の練習曲 【演奏】 内田光子(ピアノ) 【録音】 1989年4月 スネイプ,イギリス デジタル録音. More ドビュッシー:練習曲 videos. ドビュッシーの曲の中でも有名で、 私も好きな「アラベスク」。 1888年にドビュッシーが 26歳の時に作曲され、 1891年に改訂された 「2つのアラベスク」が発表されました。 スポンサードリンク ど.

ベルガマスク組曲 2. 前奏曲集 第1巻 5. ランク『B』(5 / 9). 夢(夢想) 3. ベルガマスク組曲 4. ランク『D』(7 / 9). tower records onlineは、cd、dvd、ブルーレイ、本、雑誌、各種グッズ、チケットなどが購入できる通販サイトです。ポイントは店舗・ネット共通!cd. ランク『A』(4 / 9).

第3曲『野を渡る風』 9. スティリー風タランテッラ(舞曲) 2. 第10曲『沈める寺』 11. アラベスク第1番 2.

"Pour les degres chromatiques" pf: Kaneko Ichiro. 和音のために 演奏:金子 一朗 Debussy, Claude Achille /12 ドビュッシー:練習曲 Etudes 12. 映像 第1集 3. アラベスク第2番 3. 前奏曲集 第1巻 11. 子供の領分 5. 第2曲『グラナダの夕べ』 4.

第4曲『六度のための練習曲』 7. 第6曲『ゴリウォーグのケークウォーク』 11. 第4曲『パスピエ』 5. ランク『SSS』(1 / 9).

第7曲『半音階のための練習曲』 2. 第3曲『嫌な天気だから「もう森へは行かない」の諸相』 7. ドビュッシー/12のエチュード(練習曲) 12.

忘れられた映像 6. See full list on clagaku. 映像 第2集 7. ドビュッシー 練習曲集 第5曲 オクターヴのための練習曲 L136-5 DEBUSSY Etudes V. 第9曲『ピクウィック殿をたたえて』 11.

選ばれた乙女 前奏曲 2. ベルガマスク組曲は、ドビュッシーのピアノ曲の中でも人気の作品です。 特に第3曲目の「月の光」は有名ですよね。 今回ご紹介するのは第1曲目の「プレリュード」です。. ランク『SS』(2 / 9). スケッチブックから 9. 第7曲『月の光が降り注ぐテラス』 10. 第1曲『水の反映』 3. 第11曲『交代する三度』 7. 第3曲『四度のための練習曲』 7.

レントより遅く 13. 前奏曲集 第2巻 13. 第2曲『ラモー賛歌(ラモーをたたえて)』 7. ここからは私の推測である。ショパンはピアノ技法に革命を起こした。彼が生徒たちのために書きかけていた『ピアノ教本』には、従来のピアノ奏法の常識を打ち破るような、目からウロコの驚くべき考えの数々が記されている。ショパンは、5本の指は長さもつき方も違うのだからこれを均等に動かそうとするのは無駄なことだと考え、チェルエーやリストの系譜に連なる練習法に異議を唱えた。彼が考案したのは、長い指が黒鍵に乗り、短い指は自然に白鍵に落ちるシステムである。ミ、ファ♯、ソ♯、ラ♯、シというこの音型は、シを半音上げれば、ドビュッシーの専売特許だった全音音階になってしまう。ショパンはさらに、すべての指が同一平面上に乗るハ長調はもっとも「難しい」と主張し、練習曲でも音階でも、嬰へ長調や変ロ長調から練習を始めるように指導した。ショパンの作品にシャープやフラットのたくさんついた調性が多いのもうなずける。 そこでドビュッシーである。《12の練習曲》第1番〈5本指のための〉には、副題として「チェルニー氏にならって」と書きつけられている。これをチェルニー礼賛と受け取る人は、ドビュッシーの人となりを知らない。希代の皮肉屋だった彼は、もちろん反対の意味で使っているのだから。 ドビュッシー:練習曲 冒頭は単なるドレミファソで、「おとなしく」と但し書きがついている。ショパンが指摘したように「すべての指が同一平面上に乗る」ため非常に音がそろえにくい。苦労している左手を尻目に、右手が茶々を入れる。そうこうしているうちにテンポはどんどん上がり、ジーグのリズムでしめくくられる。 この練習曲の中間部は、ドビュッシーがモーテ夫人を通じてショパンの秘法を伝授されていた証だと、私は考えている。左手の音型はドビュッシーの専売特許の全音音階ではなく、ショパンが考案したシステムと同じ音列である。そして、曲の最後は、ショパンによれば「難しい」ハ長調ではなく、「楽な」変ニ長調の音階がものすごいスピードで走り抜け、とってつけたようにハ長調の和音のゴールに到達する。全編が反チェルニー、ショパン礼賛の練習曲である。 〈8本指のための〉も、ショパンの〈作品10の8〉との比較が興味深い練習曲である。ショパンのピアニズムの特徴は、親指の機能を他の指ときりはなして考えた点にある。彼は、音階やアルペッジョを弾く時も、指を1本1本ひきあげてタッチするよりは、グリッサンドの. 第3曲『動き』 4. ベルガマスク組曲 3. 第9曲『反復音のための練習曲』 7. 今回の曲目 12の練習曲より第9曲:反復音のために 3m23s/YouTube 鍵盤楽器で反復音の技術を最初に本格的に開発したのはスカルラッティで、当然のことながら、ドビュッシーはスカルラッティが作品に用いている反復音のモチーフのヒントを作品にたくさん用いています。.

第1曲『グラドゥス・アド・パルナッスム博士』 10. 第11曲『パックの踊り』 10. 第1曲『前奏曲』 4. ピアノのために 1. ドビュッシーの『夢(夢想)』。幻想的な旋律が独特な世界観を感じさせる、まさに珠玉の名作ですね。 ところが実際のところ、ドビュッシー先生ご本人はこの曲に対していろいろと不満があったようです。.

前奏曲集 第2巻 6. 第3曲『月の光』 4. ドビュッシー 二つのアラベスク(ホ長調) です。 良い曲がありましたら、教えていただきたいです。 できれば視聴できるサイトも教えていただけると有難いです。 宜しくお願いします。. 第4曲『夕べの大気に漂う音と香り』 11. 第1曲『葉ずえを渡る鐘』 7. 第6曲『奇人ラヴィーヌ将軍』 10. 半音階のために 演奏:金子 一朗 Debussy, Claude Achille /12 Etudes 7. 子供の領分 10.

第9曲『とだえたセレナード』 9. 古代のエピグラフ 11. ショパンとドビュッシーのピアニズムのもうひとつの共通点は、巧みなペダリングと、それ、によって得られる多彩な響きである。ショパンの礼賛者で、ドビュッシーのピアノの師でもあったマルモンテルは、以下のように回想している。 「ショパンのペダル感覚はすばらしいものであった。ヴェールをかぶせたような柔らかい響き出すのに、両方のペダルを組み合わせて使うことも良くあったが、それ以上にブリランテなパッセージや、息の長いハーモニーや、深い響きの低音や、鋭くて輝きのある和音には、ふたつのペダルを別々に用いたのである。さらにはウナコルダのペダルを用いて軽く微かな音を出し、細かいレースのようにメロディーを飾るアラベスクのまわりに、透き通った霧のような雰囲気を漂わせるのである」 ペダルで細かい音を混ぜて”響きの帯”をつくるドビュッシーの作曲技法も、モーテ夫人を通じて伝術されたショパンのペダル技法にヒントを得たものだろう。. 第3曲『トッカータ』 2. 第2曲『三度のための練習曲』 7.

Pour les octaves L136-5 ドビュッシー 練習曲集の第5曲オクターヴのためにです。 ドビュッシーが最晩年に作曲した全12曲の作品集です。 ドビュッシー 練習曲集動画集一覧は こちら. ランク『C』(6 / 9). 第2曲『枯葉』 13.

第1次大戦中、ドビュッシーが病に蝕まれなからも最期の力を振り絞って書かれた「12の練習曲」は、所謂子供の為に書かれた 文字通りの練習曲とは性格が異なり指使いの指示が一切なく、技巧・音楽面双方で大変高度なものを要求され、ピアニストが演. 12の練習曲 2. jp2) 序章 ドビュツシーにぉける原典研究《練習曲集》における演奏解釈と再現芸術における楽譜の意味 / p5 (0006.

ドビュッシーの「夢」は 中級の難易度 で、 ピアノ曲でも有名ですね。 ドビュッシー自身には あまり深い想いはなかったようです。 ヘ長調の曲ですが、転調も多く、 はじめからヘ長調らしくありません。 だんだんと音符が増え、転調もあり、. "Pour les accords" pf: Kaneko Ichiro ピティナ. See full list on ondine-i.

中井正子校訂 実用版 ドビュッシーピアノ作品全集11「12の練習曲」 new 最も奇抜な運指が書かれている楽譜が日本から出ておりました。. 第8曲『水の精』 10. 第7曲『西風の見たもの』 6. ドビュッシー《練習曲巣》の原典研究と演奏解釈に基づく校訂―再現芸術における楽譜の信頼性と可能性― / p1 (0002. これまでドビュッシーの円熟期の幕開けを告げる作品(『版画』『映像』ほか)、『前奏曲集』全曲を録音したビアンコーニだからこそ表現しうる渾身の演奏を聴くことができます。(輸入元情報) 【収録情報】 ドビュッシー: 12の練習曲 エレジー.

第5曲『アナカプリの丘』 9. ・ドビュッシー:『練習曲』第二部 第七曲「半音階のための練習曲」 第八曲「装飾音のための練習曲」 第九曲「反復音のための練習曲」 第十曲「対比的な響きのための練習曲」. ドビュッシー:練習曲全曲 | ベルク:ピアノ・ソナタ shm-cd マウリツィオ・ポリーニ Maurizio Pollini フォーマット. 第12曲『花火』 2.

前奏曲集 第1巻 6. ショパンの練習曲と、ドビュッシーの練習曲は、どちらが難しいですか。 ショパンは、易しい曲から難しい曲まで、難易度がさまざまです。が、難しい曲であっても、譜読みに関しては楽です。ドビュッシーは、最初にまず楽譜が複雑で、音を把握するのに時間がかかります。ショパンの. ピアノのために 7.

第8曲『装飾音のための練習曲』 7. 第3曲『雨の庭』 5. 12の練習曲 7. ドビュッシー/12のエチュード(練習曲) 7. 第2曲『メヌエット』 4.

ドビュッシー / Debussy, Claude Achille - 作曲家解説:クロード・ドビュッシー生涯、ピアノ作品の概要、演奏の手引き。 I 生涯クロード・アシル・ドビュッシーは1862年8月22日、父マニュエルと母ヴィクトリーヌの長男として、パリ西郊約20キロの町サン=ジェルマン=アン=レに生まれた。. 第1曲『霧』 10. 第1曲『前奏曲』 3. 第4曲『妖精たちはあでやかな踊り子』 10. ドビュッシー 練習曲集 第7曲 半音階のための練習曲 L136-7 DEBUSSY Etudes VII. 第4曲『雪は踊っている』 10. 第1曲『五本の指のための練習曲、チェルニー氏による』 7. ドビュッシー:ピアノ曲選集 - サンソン・フランソワ - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

ドビュッシーの楽曲一覧(ドビュッシーのがっきょくいちらん)では、クロード・ドビュッシーの作品リストを示す。 ドビュッシーには「Op. ドビュッシーのペダリングについてです。 ドビュッシーはペダル記号を自分で書いたわけではないのですか? 今練習曲を練習しているのですが、多くのCDを聞いたところ、楽譜通りのペダリングをしている人はほと. 第1曲『レント』 5. 忘れられた映像 4. 英雄の子守歌 8.

バラード(スラヴ風バラード) 3. 一方、3度や6度など重音の練習曲では、ショパンとドビュッシーでは少し方向性が違っていたように思う。ショパンの意図は、あくまでも独自の演奏技術の開発とその向上だった。3度や6度など重音の練習曲を書いたのは、指の分離、すばやい重心の移動、手指の完全な脱力をはかるためにそれが1番よい方法だったからである。一方、そこに結果としてあらわれたもの、3度や6度の音程関係から得られる固有な響きを素材に、全く新しい音世界をつくりあげたのが、ドビュッシーだった。 例えば〈6度のための〉について、ドビュッシーは以下のようなことを書いている。 「ずっと長い間、6度の絶え間ない使用は私に、とりすました若い令嬢が、奔放な9度たちのスキャンダラスな笑い声を密かにうらやみながら、サロンで陰気に”壁の花”をやっているような印象を与えてきたものです。そこで私はこの練習曲を作曲し、6度がそれらの音程の仲間入りをするのではないかと思うような大胆な使い方をしていますが、それは少しも汚くありません! 第2曲『象の子守歌』 6. コンクールのための小品 10.

第2曲『サラバンド』 8. 第3曲『金色の魚』 5. 前奏曲集 第2巻 1.

12のエチュード(練習曲)/12 Etudes - ドビュッシー - 1915年、これまで健康の不調と第一次大戦への苦悩などからしばらく作曲ができていなかったドビュッシーだが、ショパンの楽譜を校訂する仕事をきっかけに、創作力をとりもどした。. 第5曲『オクターヴのための練習曲』 7. 前奏曲集 第2巻 10. 今回の曲目 12の練習曲より第1曲:5本の指のために 2m58s/YouTube. 」(1915年8月28日) ショパンが扱っていない〈4度のための〉は、ドビュッシー独自の音楽体験から生まれた練習曲である。ローマ留学から帰った頃、ドビュッシーはパリで開かれた万国博覧会でジャワのガムラン音楽に接し、深い感銘を受けた。《版画》の〈パゴダ〉の4度の連なりに、ガムラン音楽からの影響をみる人は多い。ドビュッシーは、音響素材としての4度の連なりを、テーマ性のない、純粋な器楽曲でもう一度扱おうとしたのである。 しなやかさと繊細さを求めて編み出されたショパンのピアニズムは、そのまま、ドビュッシーの音響語法となった。筋力と柔軟性の問題をコペルニクス的に転換させたショパンに対してドビュッシーは、ピアノ技法と作曲技法を同じように転換してみせたのである。 ドビュッシー『12の練習曲』は1915年9月30日に完成され、「ショパンの思い出」に捧げられている。 ドビュッシー ピアノ作品全集ⅩⅠ 12の練習曲 中井正子校訂 ショパン/ハンナ ISBN,575円. 第2曲『荒れた寺にかかる月』 8. 《五本の指のための練習曲、チェルニー氏に倣って Pour les ≪ cinq doigts ≫ d&39;apres monsieur Czerny》(ハ長調) チェルニー風の無機的な音型で開始するが、その音型の反復にすぐに異質で不協和な音が絡み始め、やがてドビュッシー独自の世界へ展開していく。.

第8曲『亜麻色の髪の乙女』 7. 第10曲『カノープ』 14. 子供の領分 3. (ドビュッシー)/12の練習曲 Deuxieme livre 10-対比された響きのための/(ミシェル・ベロフ)5:23 11. 第3曲『人形へのセレナード』 10. 仮面(マスク) 6. もちろん、ドビュッシーは練習曲のスタイルを借りた芸術曲、を目指して作曲したのですが、ピアノ学習者にとって、練習曲はもはや当たり前の. 慈善団体「負傷者の衣」のために 9.

第2曲『ヴェール(帆)』 11. ドビュッシーのピアノ曲 ドビュッシーとラヴェルは同じフランスの印象派ということでよく一緒にされるけれども似て非なるもので、 ど ちらがより好きかと聞かれればラヴェルだ、とすでに書きました。. ドビュッシーが残した曲において最もポピュラーな曲。 分類としては初期の作品であり、和声の調性感が残っています。 ピアニッシモが大半を占める優しく切ない夜想曲ですが、当初は「感傷的な散歩道」というタイトルが付けられていました。.

ピアノのための夜想曲 6. 前奏曲集 第1巻 9. 第10曲『対比的な響きのための練習曲』 7. 第2曲『ルーヴルの思い出』 6. 第6曲『八本の指のための練習曲』 7. 第3曲『ヴィーノの門』 10. 映像 第1集 6. Pour les degres chromatiques L136-7 ドビュッシー 練習曲集の第7曲半音階のためにです。 ドビュッシーが最晩年に作曲した全12曲の作品集です。 ドビュッシー 練習曲集動画集一覧は こちら.

第5曲『ヒースの荒野』 13. 第1曲『デルフィの舞姫』 6. 第6曲『雪の上の足跡』 6. 練習曲ではあるが、同じ作曲者の前奏曲集のにおいがする。 対比的な響きのための Pour les sonorités opposées 「4度のための」とならび、ドビュッシーの傑作とされる。. ボヘミア風舞曲 2. ロマンティックなワルツ 4.

2つのアラベスク 2. 《八本の指のための練習曲 Pour les huit doigts》(変ト長調) この練習曲についてドビュッシーが親指を使わないよう提案し、親指の使用は演奏を非常に困難にすると言ったことに、マルグリット・ロン自身は驚いた。この忠告は指の運動をより軽快に、より. ピアノのために 3. ランク『E』(8 / 9). 第12曲『ミンストレル』 12. ランク『S』(3 / 9).

ドビュッシーの前奏曲の全曲について、 豊富な譜例や写真と共に解説、 たくさんのアドバイスを受け取れるのはもちろん、 随所に提示されている、 「練習のアイディア」 では、巻頭にまとめられている1~9の 練習のアイディアに立ち返るように指示。.

ドビュッシー:練習曲

email: usife@gmail.com - phone:(242) 430-2255 x 5092

時の妖花 - オープン チェンジズ

-> ドビュッシー:練習曲
-> エグジット・トランス ミックスド・バイ・DJ・ウト 05

ドビュッシー:練習曲 - SESSION SAINT


Sitemap 1

スウィングの元祖、グレン・ミラー~ムーンライト・セレナーデ - Back House School Rock